install
  1. 残業は残業代を出さないといけないけど前業は残業代が不要でタダ働きさせられるから推奨しよう、みたいな会社が大量発生
  2. Ankercito
    「デンマーク人は世界一幸福な人々」
    そんなことは全くないから。

    俺たちは単に人生への期待値が圧倒的に低いだけなんだ。
    それで失望することが滅多にないだけの話だよ。
  3. カメムシの出す臭いニオイも彼らにとって有害で、それで自死してしまう事がある
  4. サ○トリー時代に得た豆知識。ホップには女性ホルモンが多量に含まれているので、ホップ摘みの女性は全員が巨乳。
  5. 61: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/26(金) 00:56:52 ID:/+hAMcQy
    前々から疑問に思っていたのですが、日本が抱えている借金って相当ありますよね?
    これって本当に返済する気があるんでしょうか?

    700兆だかそんな大金返せる訳ないじゃん、と思ってしまうのですが…

    財政の抜本的な改革、とか言っても手遅れなのでは??
    63: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/26(金) 12:08:42 ID:OMUnvNhO
    »61
    自然人の場合、死亡した時点で遺産が無ければ、その借金は自動的に焦げ付く、つまり返済が不可能になる。
    でも、国や企業には寿命が無い。半永久的に存続する。
    経営学的にはあるようだが、経済学や法学では想定していない。
    まずそこを押さえてもらいたい。

    貸し付ける人の目的は何かといえば利息だ。
    これさえ貰えれば良い訳で元金を返して欲しいときは国債なり社債なりを売れば良い。
    その利息が欲しい人が別にいるからな。
    つまり利息さえ払うことが出来れば借金を返す必要は無い。
    返すにしても今は得策ではない。

    例えば今後平均してGDPが毎年3%づつ成長するとすれば、25年後には今の倍になる。
    当然税収も倍増することが想定できるので、借金が増えてなければ今の半分の労力で借金の返済が可能となる。
    これからいえることはGDP比での借金の増加を抑えることが重要。
    62: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/26(金) 08:01:02 ID:EsdoQwFe
    全部返す必要ないし、全部返すべきでもない。

    有望・有効な投資先があれば借金をしてでも事業拡大をするべきであるし、当面有望な投資先がなさそうなら、借入金や資本金をスリムしして、効率的な経営を図ればよい。

    借入金→公債、資本金→租税・公的資本、と読み替えれば民間法人も公的法人も、経営の本質は同じ。

    ただどの水準が適正かという一点において、殺し合いすら起こりかねない激論がなされるという違いはあるが。
    民間では調停役が存在するが、国家にはそれを超越するような調停役がいないためである。
    70: 61 投稿日:2005/08/27(土) 13:14:17 ID:kxCdVOtW
    62,63さんのレスを見て、そんなに急いで返す必要がないと言うのはわかりました
    でも、GDPってここ10年大きな成長がないですよね?(96年の3.6%が最後
    ・税率を上げて税収を増やす
    ・国債の発行を押さえつつ経済成長率を上げる→63さんの言っているように自然に税収UP
    どっちのやり方が現実的なんですか?
    自分は税率を上げちゃえば、簡単にお金が入ってくると思うのですが・・・
    72: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/27(土) 22:21:28 ID:6xXL3Lj/
    »70
    経済学的に言えば税率上げちゃうのが一番楽だろう。
    でも流石に困難だ。税をいじくるのは政治の鬼門だしなw

    やっぱりプライマリーバランス(GDP比での国債残高)での増加をいかに抑えるか、これをまず目標に設定し達成しなければならない。

    ついでに成長率だがとりあえずバブル期の膿は出し切ったし、いくらかの成長は見込めると思うよ。
    個人的には半信半疑だが。
    74: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/28(日) 12:01:44 ID:APjVqDmu
    »70

    デフレのときに税率上げたら、消費が減って、大して収入が増えないでしょ。
    96年のあと増税したから、低成長になった。

    実質も名目も成長率が低くなり、GDP比の債務もプライマリーバランスの赤字も増える。
    デフレのときは財源不足は日銀引き受けにしたり、既存国債は買いきりオペすればよい。
    これなら、政府の純債務は買った分減る。インフレになるまで買い増し続ければよい。


    国債のほとんどは国内から借りているので、円安になれば、政府が保有する外債の価値が笛、負債ー資産の純債務が減る。
    国債のほとんどは固定金利だから、インフレになったら、名目成長が高くなって、GDP比の債務は減る。
    今の日本は需要不足でデフレ不況だからインフレでそれがなくなれば実質成長率は高まる。
    税収増やして負債を減らすことより資産を増やすこと考えたほうがよい。
    基礎的財政収支 (Wikipedia) 基礎的財政収支(きそてきざいせいしゅうし、Primary balance)とは、政府会計において、過去の債務に関わる元利払い以外の支出と、公債発行などを除いた収入との収支である。プライマリー・バランスともいう。
    (中略)
    基礎的財政収支が均衡していれば、毎年の政策的な経費が税収などの毎年の収入でまかなわれていることになる。この場合、この年の債務の増加は利払い分だけであり、利子率と経済成長率が同じであれば公債の対GDP比は一定となる。
    基礎的財政収支が改善していく方向であれば、国債残高対名目GDP比の上昇スピードは抑えられ、財政破綻にはならない[1]。
    64: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/26(金) 14:06:11 ID:VPAwA4pQ
    お金が無いなら隣国から借りたらいいよ
    66: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/08/26(金) 23:31:56 ID:3Sj8iHkQ
    »64
    借りるような隣国がない。
  6. しかし今社会人3年目なのですが、周りにオタクに出戻った人が多すぎる。大学時代はテニスしたり旅行したりフリーペーパー作ったり緑のコーヒーショップでバイトしたり彼氏といちゃついたり喧嘩したり各々キラキラJDライフを謳歌していた人たちが、働き始めてアイドルやらアニメやら若手俳優やら海外俳優を追いかけるのに本腰入れまくっているの壮観。エネルギーに溢れてていつも楽しそうで大好き。なのでそういう子たちと会って元気をもらってるとますます手を広げていく。幸福と絶望の無限ループ。出戻り多すぎる問題ははっきり言って超シンプルな理由で、ある程度の可処分所得が定期的に得られるようになったうえフリータイムが帰宅後と土日に限られるとそこでインスタントに確実に幸福と癒やしと興奮を得られる手段がほしくなるからです。
  7. 今は亡き婆ちゃんから聞いた話
    婆ちゃんが曾婆ちゃんとか、先祖から言われてきた事

    「山には絶対に鏡を持ち込むな」

    山は人ではないモノに逢う事が多いが、通常は気付かないフリでノープロブレム
    でも鏡はKYな存在で、異なる存在同士を結び付けてしまう力があるらしい

    婆ちゃんが先祖から言われたのが、
    「山で鏡に自分自身を写した時、昼なのに背景が夜になってたら手遅れだ」
    既に自分の存在が「人とは異なるモノ」の世界に取り込まれているらしい
    そういう時に、「神隠し」が起こるらしい
    さらに言うと「完璧な神隠し」というのがあって、
    この場合は居なくなった事、もともと居たという存在を消されるらしい

    たぶん山での遭難を避ける戒めだと思うが、この話を聞いた時は正直怖かったな